韓国ドラマ-朱蒙(チュモン)-あらすじ-55話〜57話-動画-相関図
2015年11月17日

韓国ドラマ-朱蒙(チュモン)-あらすじ-55話〜57話-動画-相関図

チュモンアイキャッチ.jpg


韓国ドラマ-朱蒙(チュモン)-あらすじ-55話〜57話-動画-相関図-キャスト-YouTube-実在-歴史


このブログでは、BSやCSで放送されている
視聴率の高い、人気おすすめ韓国ドラマの
あらすじやネタバレを最終回まで全話綴って
いきます。

キャスト情報や相関図、感想も記載しておりますので
是非お楽しみ下さい。

また、you tubeなどの無料動画と合わせて
ご覧になると面白みが増します!

それでは、あらすじをご覧ください▼



<スポンサードリンク>








相関図
チュモン相関図.jpg



キャスト
 俳優名 / 役名
ソン・イルグク / 朱蒙(チュモン)
代表作として「風の国」
      「海神」
      「愛情の条件」

ハン・ヘジン / 召西奴(ソソノ)
代表作として「フレンズ」
      「がんばれ!クムスン」
      「温かい一言」

キム・スンス / 帯素(テソ)
代表作として「百万本のバラ」
      「美しいあなた」
      「カクテキ」

オ・ヨンス / 柳花(ユファ)
代表作として「甘い人生」
      「アイリス2」
      「トライアングル」

チョン・ガンリョル / 金蛙(クムワ)
代表作として「愛・共感」
      「ホジュン〜宮廷医官への道〜」
      「製パン王キム・タック」

ホ・ジュノ解慕漱(ヘモス)
代表作として「ホテリアー」
      「オンダルの王子たち」
      「拝啓、ご両親様」



─韓国で脅威の視聴率を記録!!
  壮大な歴史エンターテインメント!!─

〜歴史に翻弄される伝説の英雄・朱蒙の物語




【朱蒙予告動画】




【前回までの朱蒙(チュモン)あらすじ▼】
「朱蒙(チュモン)」あらすじ1話〜42話

「朱蒙(チュモン)」あらすじ43話〜45話
「朱蒙(チュモン)」あらすじ46話〜48話
「朱蒙(チュモン)」あらすじ49話〜51話
「朱蒙(チュモン)」あらすじ52話〜54話


本編はここから▼

朱蒙(チュモン)-あらすじ-55話


プヨの監獄に捕らわれたチュモンたち。

彼らはしばらく様子を見てから
脱出計画を実行へ移すことを決める。

そのころヨンチェリョンは、
ケルの本営に戻ったソソノたち一行を叱責し、
兄であるヨンタバルを監禁する。

行動の自由を奪われたソソノだったが、
サヨンに新しい国の宮殿建設を続行する
ように指示した。

プヨ宮殿では、
チュモンを漢に引き渡せば
漢にいい印象を与えられると
思い付いたヨンポが家臣たちに根回しをする。

しかしそれがクムワを激怒させてしまう。

─ 一方
プドゥクプルは拉致したヨミウルに、
チュモンを説得しタムル軍を
解散させるよう告げる。

しかし話を一行に聞き入れない
ヨミウルを手に掛けてしまう。

そしてプヨのために
チュモンの命も奪おうとするが、
クムワはチュモンを逃がし、
テソを東門(トンムン)国境警備隊の
総官に任じた。

ポンゲ山のタムル軍の砦に戻ったチュモン。

彼はモパルモやソリョンたちに
ヨミウルの急逝を伝える。

チュモンは父ヘモスとヨミウルの
遺志を必ず継ぐと誓い、
新しい国の建設にまい進し
漢とプヨの支配下にある国や
部族を統合していった。



朱蒙(チュモン)-あらすじ-56話


─3年の月日が流れた。

ヨンタバルとソソノは、
ソンヤンやヨンチェリョンの
勢力に服従しつつ、
密かに強力な傭兵の大軍を養成し、
ケルにやってくるソンヤンを襲って
権力を奪還するという計画を練った。

そうとは知らないソンヤンは、
ヤンジョンにさらなる忠誠と服従を
誓いケルへ向かう。

プヨではクムワの努力もむなしく、
干ばつなどによる深刻な食糧不足のため
民の一揆さえ起きかねない情勢に陥る。

─一方
警備隊の総官として
国境に送られたテソは、
やる気を失って自堕落な日々を過ごし、
ヤンソルランはそんな夫の情けない姿に
業を煮やしていた。

ウテが率いるケルの傭兵軍団は、
計画通りケルへ向かうソンヤン一行を
襲撃する。

しかし肝心のソンヤンを取り逃がしたうえ、
ウテが敵兵の凶刃に倒れてしまう。

ソソノとケピルはウテ急逝の悲報に泣き崩れ、
その後ソソノは力ずくでヨンチェリョンたちを
服従させソンヤンへの報復を宣言した。

ソソノたちは
ポンゲ山のタムル軍の砦を訪れ、
チョルボンを母体に新たな国をともに
建てることをチュモンに提案した。

オイたちは大乗り気だったが、
チェサの慎重論を考慮したチュモンは
返答を保留する。

その頃、深手を負いつつ
逃げ延びたソンヤンは、
ソソノたちの不穏な動きを察し、
ヤンジョンと漢軍の支援を得て
ケルを潰すことを宣言する。

オイとともに漢とプヨ周辺の
偵察に出かけたチュモンは、
ソソノが危険の状況に置かれている
ことを知るのだった。



朱蒙(チュモン)-あらすじ-57話


ヤンジョンはテソをヒョント城へ呼ぶ。

漢の皇室がプヨに
いつ攻撃を仕掛けてもおかしくないため、
今のうちに漢側に寝返るよう説得する。

しかしテソは、
プヨの王子としての
誇りと愛国心で決然と断った。

その後、ナロからチュモンがヒョントへ
来ていることを知らされたテソは、
多数の兵を率いて宿を襲撃するが、
チュモンとオイは攻撃をかわし
次なる偵察地プヨへ向かう。

チュモンは、
クムワが日照り続きによる
悲惨な現状を打破するため、
神通力に優れた巫女ピグムソンへ
会うために旅立つ姿を目撃した。

「イェソヤとユリをポンゲ山へ送ってくれる」

という約束は未だ果たされぬままだが、
チュモンはただ待つしかないと思った。

始祖山を訪れたクムワは、
ピグムソンから

「天命を持って
 生まれた勇者が新たな国を建て、
 
 その子孫が失われた古朝鮮の
 領土を取り返し、
 
 プヨは次第に衰退しやがては
 滅亡するだろう」

という不吉な予言を聞かされる。

プヨを滅ぼす者は
チュモンに違いないと確信したクムワ。

彼はチュモンとタムル軍に対する
警戒心を抱いてプヨへ戻り、
許しを請うために宮殿を訪れたテソの

「プヨを守るために
 身を捧げる機会を与えてほしい」

との言葉を受け入れる。


そのころユファに対しては、
イェソヤとユリを人質にとして
宮殿に留め置く旨を婉曲的に告げ、
ユファは人が変わってしまった
クムワに愕然とした。

そのころチュモンは
自分が昔折ってしまった
タムル弓を見るため、
始祖山の洞くつを訪れていた。

あのとき脆く折れた
プヨの神器は

「自分がいつの日かプヨを
 滅ぼすという暗示だったのか」

という答えを求めるチュモンの前に
ピグムソンが現れたのだった。



you tubeなどにあった無料で見れる
「朱蒙(チュモン)」の動画です!
関連する動画もたくさんあるので見てみて下さい!




感想
今までチュモンを大切にしてきたクムワ。

でもピグムソンに今のプヨを滅ぼすのが
チュモンだと告げられて、一国の主として
大切な息子だとしても警戒してしまうんですね。

チュモンは大切な母と妻を人実に取られ、
育ての父と戦わなければならないのかな?

それは結構しんどいですよね(-_-;)

あなたはどうでした?
次回もお楽しみ下さい!!




<スポンサードリンク>









韓国ドラマ ブログランキングへ


posted by カンドラー at 18:04 | 朱蒙(チュモン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。