韓国ドラマ-朱蒙(チュモン)-あらすじ-52話〜54話-動画-相関図
2015年11月16日

韓国ドラマ-朱蒙(チュモン)-あらすじ-52話〜54話-動画-相関図

チュモンアイキャッチ.jpg


韓国ドラマ-朱蒙(チュモン)-あらすじ-52話〜54話-キャスト-動画-相関図-YouTube-実在-ソソノ


このブログでは、BSやCSで放送されている
視聴率の高い、人気おすすめ韓国ドラマの
あらすじやネタバレを最終回まで全話綴って
いきます。

キャスト情報や相関図、感想も記載しておりますので
是非お楽しみ下さい。

また、you tubeなどの無料動画と合わせて
ご覧になると面白みが増します!

それでは、あらすじをご覧ください▼



<スポンサードリンク>








相関図
チュモン相関図.jpg



キャスト
 俳優名 / 役名
ソン・イルグク / 朱蒙(チュモン)
代表作として「風の国」
      「海神」
      「愛情の条件」

ハン・ヘジン / 召西奴(ソソノ)
代表作として「フレンズ」
      「がんばれ!クムスン」
      「温かい一言」

キム・スンス / 帯素(テソ)
代表作として「百万本のバラ」
      「美しいあなた」
      「カクテキ」

オ・ヨンス / 柳花(ユファ)
代表作として「甘い人生」
      「アイリス2」
      「トライアングル」

チョン・ガンリョル / 金蛙(クムワ)
代表作として「愛・共感」
      「ホジュン〜宮廷医官への道〜」
      「製パン王キム・タック」

ホ・ジュノ解慕漱(ヘモス)
代表作として「ホテリアー」
      「オンダルの王子たち」
      「拝啓、ご両親様」



─韓国で脅威の視聴率を記録!!
  壮大な歴史エンターテインメント!!─

〜歴史に翻弄される伝説の英雄・朱蒙の物語




【朱蒙予告動画】




【前回までの朱蒙(チュモン)あらすじ▼】
「朱蒙(チュモン)」あらすじ1話〜42話

「朱蒙(チュモン)」あらすじ43話〜45話
「朱蒙(チュモン)」あらすじ46話〜48話
「朱蒙(チュモン)」あらすじ49話〜51話


本編はここから▼

朱蒙(チュモン)-あらすじ-52話


プヨの空で突然の日食が起こり、
古い国が消えて新たな国が建つ兆しだと
ヨミウルに告げられたチュモンは、
タムル軍や流民たちを励まし安心させた。

しかし、プヨ宮殿はパニックとなり、
市中の民も不吉な前触れだと騒ぎ出したため、
プヨは大混乱に陥る。

その惨状を見たクムワは
フクチの進言を思い出し、
テソからの権力奪還を真剣に考え始める。

そのころ卒本では、
ソソノとチュモンの接触を知った
ソンヤンが激怒しウテを投獄した。

ヨンタバルは嘆き悲しむ
ウテの父ケピルに、
今は我慢しろと諭した。

タムル軍の砦ではムゴルを
弟分にしたオイが帰還し、
漢の圧力を受けたテソが
再びプヨ軍を率いてポンゲ山へ
攻め込みそうだとチュモンに報告した。

日食は吉兆だというマウリョンの
うそを信じて一度は機嫌を直した
テソだったが、町ではテソの非道こそ
災いの原因という噂が広まっていることを知る。

激怒したテソは噂している
市民を捕らえてプヨ宮殿に連行し、
錯乱状態で次々に市民を討つ。

あまりのことに耐えかねたフクチは
プドゥクプルにも謀反を進言し、
さすがのプドゥクプルも考えを改め、
クムワに会って復権に協力すると申し出た。

決意を固めたクムワは
テソを追い落とす計画を
チュモンに知らせるため、
フクチを使者としてポンゲ山に送り込んだ。



朱蒙(チュモン)-あらすじ-53話


ポンゲ山のタムル軍の
砦へやってきたクムワの家臣フクチは、
サチュルトを制圧しに行くことを
チュモンに告げる。

チュモンはヤンジョンが
漢軍をプヨに送った場合は、
タムル軍が漢軍を食い止めると約束する。

しかしヨミウルはクムワの復権が
いずれチュモンの障害になるかも
しれないと心配する。

一方プヨ宮殿ではプドゥクプルの
支持を得たクムワの謀反が成功し、
王妃とテソは軟禁され、
謀反を知らされたヨンポは
慌てて宮殿の外へ逃れた。

クムワが王に復権した知らせは、
ポンゲ山のタムル軍のもとにも、
ケルのソソノたちのもとにも伝えられた。

ソソノはさっそくクムワに
会いにプヨへ行くことを決めた。

ヨンチェリョンとヤンタクは
ソンヤンの招集した君長会合へと
出かけようとするが、
ヨンチェリョンの息子チャンスは
強引な母のやり方に辟易し、
ソソノと行動をともにすることを宣言する。

クムワはプドゥクプルの
反対にもかかわらず、
チュモンをプヨに呼び戻そうとする。

プヨへと戻ろうとするチュモンに、
ヨミウルは

「大将はもうプヨの王子ではなく、
 新しい国の王となられる方です」

と諌めクムワと
袂を分かつことを勧めた。

プヨ宮殿を訪れたチュモンは、
ユファとイェソヤに再会した。



朱蒙(チュモン)-あらすじ-54話


チュモンはタムル軍を解散して
プヨへ戻るようクムワに勧められる。

しかし志を曲げることは
できないという思いから、
この話を断るつもりであることを
母ユファに伝え、
ユファもその結論に賛同した。

プドゥクプルはチュモンが
クムワの意向に従わなかった場合は
亡き者にすることをもくろみ、
密かにフクチに指示を与え、
さらにチュモンの精神的支柱となっている
ヨミウルを配下の兵たちに拉致させた。

そのころヨンタバルとソソノは
クムワに謁見を求めてプヨ宮殿を
訪れるが、間に入ったプドゥクプルは、
しかるべき時期に自分が取り次ぐまで
待つように指示する。

宿に戻ったソソノたちが
宮中の実権は今やプドゥクプルが
握っているのかと訝っていると、
突然ソンヤンが兵を連れて乱入し

「プドゥクプルは自分の味方だから、
 テソが失脚してもピリュとプヨの縁は
 切れない。
 クムワに取り入ろうとしても無駄だ」

と言い放ち、
ソソノたちはピリュへ連行された。

チュモンは、
プヨへは戻らずタムル軍とともに
漢と戦いいつの日か自分たちの国を
築くとクムワに告げた。

それを知ったプドゥクプルは
かねてからの作戦を決行し、
チュモンたちはプヨの兵に取り囲まれ
捕らえられてしまった。

クムワはプドゥクプルの
勝手な行動を責めるが、
タムル軍を受容し漢を敵に回すと
プヨに未来はないと忠告され、
ついにはチュモンたちを投獄した。



you tubeなどにあった無料で見れる
「朱蒙(チュモン)」の動画です!
関連する動画もたくさんあるので見てみて下さい!




感想
あー。
せっかくテソたちの天下が
終わったと思ったら、今度は内側に敵が。

プドゥクプルって言い辛いんですよ。
そしてこいつはチュモンが邪魔みたいですね。

チュモンはどれだけ監獄のお世話になれば
気が済むんでしょうか?(笑)

果たしてこれからのチュモンの運命は!?
次回が気になりますね!!

あなたはどうでした?
次回もお楽しみ下さい!!




<スポンサードリンク>









韓国ドラマ ブログランキングへ


posted by カンドラー at 04:53 | 朱蒙(チュモン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。