韓国ドラマ-朱蒙(チュモン)-あらすじ-1話〜3話-動画-相関図
2015年11月16日

韓国ドラマ-朱蒙(チュモン)-あらすじ-1話〜3話-動画-相関図

チュモンアイキャッチ.jpg


韓国ドラマ-朱蒙(チュモン)-あらすじ-1話〜3話-キャスト-実在-ソソノ-動画-相関図


このブログでは、BSやCSで放送されている
視聴率の高い、人気おすすめ韓国ドラマの
あらすじやネタバレを最終回まで全話綴って
いきます。

キャスト情報や相関図、感想も記載しておりますので
是非お楽しみ下さい。

また、you tubeなどの無料動画と合わせて
ご覧になると面白みが増します!

それでは、あらすじをご覧ください▼


<スポンサードリンク>








相関図
チュモン相関図.jpg



キャスト
 俳優名 / 役名
ソン・イルグク / 朱蒙(チュモン)
代表作として「風の国」
      「海神」
      「愛情の条件」

ハン・ヘジン / 召西奴(ソソノ)
代表作として「フレンズ」
      「がんばれ!クムスン」
      「温かい一言」

キム・スンス / 帯素(テソ)
代表作として「百万本のバラ」
      「美しいあなた」
      「カクテキ」

オ・ヨンス / 柳花(ユファ)
代表作として「甘い人生」
      「アイリス2」
      「トライアングル」

チョン・ガンリョル / 金蛙(クムワ)
代表作「愛・共感」
   「ホジュン〜宮廷医官への道〜」
   「製パン王キム・タック」

ホ・ジュノ / 解慕漱(ヘモス)
代表作として「ホテリアー」
      「オンダルの王子たち」
      「拝啓、ご両親様」


─韓国で脅威の視聴率を記録!!
  壮大な歴史エンターテインメント!!─

〜歴史に翻弄される伝説の英雄・朱蒙の物語



【朱蒙予告動画】



本編はここから▼

朱蒙(チュモン)-あらすじ-1話


紀元前1世紀、
漢帝国の支配を受けた朝鮮。

多くの流民が朝鮮民族の小国群に
保護を求めて逃げ込む状況が続く。

そのひとつ扶余(プヨ)国の皇太子クムワは、
反乱軍の指導者で盟友のヘモスと
密かに手を組む。

そして武術大会の参加者を装って
漢軍の要衝ヒョント城に潜入し、
囚われていた流民を助け出した。

父王ヘブルは息子クムワの活動を知らず
ひたすら漢との関係構築に腐心する。

だが、悪賢い参謀プドゥクプルは
クムワの様子に疑いの目を向けた。

その後クムワは、ヘブルの代理として
ヒョント城に赴いたハベク族首長の娘
ユファに出会う。

彼は妻子ある身でありながら
一目でその美しさに心を奪われた。

ヒョントの太守は朝鮮諸部族の目前で
自慢の精鋭部隊「鉄騎軍」に
流民の一団を虐殺させる。

激怒したユファは太守に食ってかかり
監獄へ入れられてしまう。

だが、クムワは漢軍の仕官となっている
旧友ヤンジョンに頼み
ユファを釈放させるのだった。

一方、ヘモスは反乱軍を率いて
流民救出活動を続けていた。

だが、漢軍への奇襲作戦で
鉄騎軍のやりを受けて負傷してしまう。

川に流され
瀕死のヘモスを見つけたユファは
彼を助けて手厚く介抱する。

そして、名も名乗らないその男性に
強く惹かれてしまう。

そして、ヘモスの捕縛を狙う漢軍が
ハベクの村にも現れ、
匿えば部族全員の命はないと脅す。

重傷の男が娘ユファと
一緒にいることを知ったハベクは
漢軍に通報する。

だが、鉄騎軍が
小屋に突入したときには、
ヘモスはすでに姿を消したあとだった。



朱蒙(チュモン)-あらすじ-2話


鉄騎軍にヘモスをかくまったことを
知られたハベク族は
皆殺しにされてしまう。

ユファはヒョント城へ連行されるが、
クムワは彼女を助け、
プヨ国の宮殿へ連れ帰った。

しかし、神女ヨミウルは、
ユファをかくまうと
国の未来に障りがあると反対した。

一方、ヘモスはハベク族が
皆殺しにされたことを
貿易商のヨンタバルから聞かされる。

せめてユファだけでも助けたいと思い、
漢の要衝ヒョント城まで
同行したいと申し出た。

ヘモスの正体を見抜いたヨンタバルは
ヒョント城の太守に引き渡すつもりで
同行させる。

だが途中、盗賊の襲撃に遭った商団を
彼に助けてもらう。

ヨンタバルはヘモスに商団の護衛を頼み、
そして待望の赤ん坊が誕生する。

その女児はソソノと名付けられた。

ヘモスはユファの消息を聞き込みに行った
ヨンタバルから、
途中で死んだと聞かされる。

しかし、商団に別れを告げて
砦へ戻りクムワと再会し、
彼がユファを助けていたことを知った。

そしてユファに好意を持っていたクムワは
ユファとヘモスが
互いに心を寄せていることに気付いた。

その後、クムワの父ヘブル王を
説き伏せたクムワとヘモス。

彼らは各部族の力を結集させて
漢との決戦に挑もうとする。

しかし、ヘモスを快く思わない
ヨミウルと大使者プドゥクプルは
陰謀を企む。

そして、罠にはまったヘモスは
鉄騎軍に捕らえられ、ヒョント城で
目をくりぬかれる拷問を受けた。

クムワはユファから
ヘモスの子を身ごもっていることを聞き、
ユファにヘモスを救出すると誓った。



朱蒙(チュモン)-あらすじ-3話


父王へブルの裏切りを知ったクムワ。

彼はヘモス救出に向かう。

だが結局ヘモスは逃げ切れず、
敵の弓をまともに受けて
がけ下の川へと転落して帰らぬ人になる。

ヘモスの死を聞かされたユファは
絶望のうちに男児を出産する。

クムワはその子を
自分の子として引き取ろうと告げるが
ユファは拒否する。

プヨの将来を案じた大使者プドゥクプルは
大将軍チョクチに赤ん坊を殺せと命令する。

しかしユファは
すでに山中へと逃走していた。

その後、追いつかれたユファは
ヘブルの裏切りを知って愕然とする。

そんな中、チョクチは
振り上げた剣に
雷が落ちて絶命してしまう。

ユファは思案の後、
赤ん坊とともにプヨ宮殿へ向かう。

クムワは無事戻った赤ん坊を腕に抱いた。

そしてチュモンと名付けられたその子を
朝鮮の流民を救う英雄に育てると誓った。

そこから20年後。

クムワは亡きヘブルのあとを継いで
王となり、プヨは漢をも脅かすほどに
勢力を拡大していた。

そんな中、正室の子テソとヨンポ、
そして側室ユファの子チュモンが
遠征の途にあるクムワの陣中を訪ねた。

テソとヨンポは
父の片腕になろうと勇ましく戦う。

一方、武術に覚えがなく及び腰なチュモンに
クムワは歯がゆさを隠せなかった。

その後、充分な戦果を土産に
プヨへ戻ったクムワ。

彼は神女ヨミウルの助言に従い、
収穫を神に感謝する迎鼓祭(ヨンゴジェ)を
盛大に執り行った。

ところが、チュモンは
ヨミウルの侍女プヨンにしつこく言い寄り、
倉に閉じこめられ儀式に参列し損なう。



you tubeなどにあった無料で見れる
「朱蒙(チュモン)」の動画です!
関連する動画もたくさんあるので見てみて下さい!




感想
チュモンが誕生するまでがメインの回でした。

ちょっと残酷なシーンもありましたが、
とてもスケールの大きいドラマですね!!

立派な英雄ヘモスを父に持つチュモン。
彼がこれからどんな活躍をするか?
楽しみですね!!


あなたはどうでした?
次回もお楽しみ下さい!!




<スポンサードリンク>









韓国ドラマ ブログランキングへ


posted by カンドラー at 00:03 | 朱蒙(チュモン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。