韓国ドラマ-王女の男-23話,最終話-あらすじ-キャスト-動画-NHK-OST-最終回まで
2015年11月10日

韓国ドラマ-王女の男-23話,最終話-あらすじ-キャスト-動画-NHK-OST-最終回まで

王女の男.jpg


韓国ドラマ-王女の男-23話,最終話-あらすじ情報-キャスト紹介-無料おすすめ動画-人気作品のネタバレあり-NHKでも放送-OSTも大人気☆-全話感想あり-最終回まで公開


このブログでは、BSやCSで放送されている
視聴率の高い、人気おすすめ韓国ドラマの
あらすじやネタバレを最終回まで全話綴って
いきます。

キャスト情報、感想も記載しておりますので
是非お楽しみ下さい。

また、you tubeなどの無料動画と合わせて
ご覧になると面白みが増します!

それでは、あらすじをご覧ください▼


<スポンサードリンク>







相関図

王女の男相関図.jpg


キャスト
 俳優名 / 役名
パク・シフ / キム・スンユ
代表作として「清潭洞(チョンダムドン)アリス」
      「検事プリンセス」
      「一枝梅(イルジメ)」

ムン・チェウォン / イ・セリョン
代表作として「華麗なる遺産」
      「グッド・ドクター」
      「大丈夫、パパの娘だから」

ソン・ジョンホ / シン・ミョン
代表作として「天命」
      「太陽がいっぱい」
      「クリスマスに雪は降るの?」

ホン・スヒョン / キョンヘ姫 
代表作として「天使の誘惑」
      「チャン・オクチョン」 
      「グッバイマヌル」

イ・ミヌ / チャン・ジョン
代表作として「カイスト」
      「19歳の純情」
      「メリー&テグ 恋のから騒ぎ」

キム・ヨンチョル / 首陽大君、世祖
代表作として「アイリスシリーズ」
      「太祖王建(テジョワンゴン)」
      「大王世宗(テワンセジョン)」

イ・スンジェ / キム・ジョンソ
代表作として「明日に向かってハイキック」
      「ホジュン〜宮廷医官への道〜」
      「商道」


ー運命より、を信じるー
 〜朝鮮王朝史上の大事件を背景に、
    宿敵となった男女の切ない愛
       描いた究極のラブロマンス!〜



前回までの「王女の男」あらすじはこちら▼
王女の男あらすじ1話,2話
王女の男あらすじ3話,4話
王女の男あらすじ5話,6話
王女の男あらすじ7話,8話
王女の男あらすじ9話,10話
王女の男あらすじ11話,12話
王女の男あらすじ13話,14話
王女の男あらすじ15話,16話
王女の男あらすじ17話,18話
王女の男あらすじ19話,20話
王女の男あらすじ21話,22話


王女の男-あらすじ-23話


挙兵するため咸吉道へ向かうスンユ。

セリョンは都へ残ることを決め、
弟スンが病の床に臥す実家へ戻る。

それも虚しくスンは間もなく他界する。
スヤンは後継ぎを失い悲嘆に暮れる。

彼は、スンユの居場所の口を割らないセリョンに
怒りすべての記録から彼女に関する記述を抹消し
「私の前に二度と姿を見せるな」
とセリョンを追い出す。

再びミョンの使用人として暮らすセリョン。

咸吉道に到着したスンユは、
地元の反乱軍とともに次々と官軍を倒す。

その報告を受け、今度こそスンユの首を取れと
ミョンを送り込むスヤン。

ミョンは「お前の目の前でスンユを討ち倒す」
とセリョンも戦場へ連れてゆく。

スヤンの信頼を回復するため何としてもスンユを
倒したいミョンだが、反乱軍の拠点は険しい
山中にあり探し出すことは困難を極める。

シン・ミョンに不審を抱くスヤンが送り込んだ、
ハン・ミョンフが現れる。
彼は「セリョンを餌にしておびき出せ」
と命令する。

それを知ったセリョンはスンユに知らせるため、
シン・ミョンのもとを馬で逃げ出し山奥としか
分からない反乱軍の拠点へ向かう。



王女の男-あらすじ-最終話


反乱軍の拠点のそばまでやって来たセリョン。

ところが彼女を見つけた反乱軍の兵士は
彼女を密偵と判断してしまう。

セリョンはすぐさま口を封じられそうになる。
しかし間一髪のところでスンユがセリョンだと
看破し救い出す。

スンユはセリョンを砦に連れて戻り、
仲間に自分の妻だと紹介する。

セリョンに会い束の間の心の安らぎを得るスンユ。
しかしここは危険な戦場であり、彼はセリョンを
都へ帰すことに決める。

そしてシン・ミョン率いる官軍との戦に臨む。
激戦の中、シン・ミョンと刀を交えるスンユ。

だがシン・ミョンの背に味方が放った矢が。

ハン・ミョンフェがスンユを討つために
ミョンを見限ったのだ。
彼はスンユの目の前で息絶えてしまう。

都に戻りキョンヘが暮らす寺へ向かうセリョン。

彼女はスンユの子を身籠っていた。
喜びをかみしめるセリョンだが、
そこへスヤンと母・ユンが現れる。

セリョンの妊娠を知ったスヤンは彼女を部屋に
閉じ込めるよう命じる。

様子を探るため都に戻ったスンユ。

スヤンが寺を訪れていると知った彼は、
彼を討つ絶好の機会だと独り寺に忍び込む。

だが逆に捕らえられ翌日処刑されることに
なってしまう。


ー数年後

墓参りをするソクチュたち。
「一緒にいられて嬉しいか?」とつぶやく。

眠れぬ日が続くスヤンは、王妃と共に湯治に
向かっていた。
そこで子供を連れたスンユの姿を見かける。

「そなたが・・・?」と王妃に聞くスヤン。
実は王妃がスンユとセリョンに、
「あなたたちはもうこの世には居ない身よ。
 遠くへ行き二度と現れないで」
と逃していたのだった。

平原を歩く2人。
「後悔していませんか?」
「心を取り戻し、そなたを得た」

そしていつか2人で乗った馬にまたがり、
「情とは一体何かと世に問うてみた。
 私はこう答える・・・。
 何のためらいもなく生死をともにさせるもの。
 それがまさに情だと・・・」



感想
終わりましたね!
ラストシーンはかなり印象的でしたね!
お墓参りのシーンがあった時は「え!?」
と思ったし、あの世で2人は幸せに〜みたいな
オチだったらどうしようかと思いましたけど!

ちゃんと生きてて良かった〜!
セリョンの母が2人を逃していたんですね。
そして子供も出来て、ヨリもいて、
幸せそうに暮らしてます。

スンユの目は見えなくなってたけど、
「そなたと一緒なら怖くない」という
信頼関係も見えて良かった!

ちゃんとハッピーエンドで満足な
カンドラーでした!!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

この作品以外にも韓国ドラマの人気作品のあらすじをご紹介していきますので、
そちらもどうぞお楽しみ下さい!



<スポンサードリンク>







you tubeにあった無料で見れる
「王女の男」の動画です!
関連する動画もたくさんあるので見てみて下さい!



韓国ドラマ ブログランキングへ


posted by カンドラー at 16:56 | 王女の男 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。