韓国ドラマ-王女の男-19話,20話-あらすじ-キャスト-動画-NHK-OST-最終回まで
2015年11月10日

韓国ドラマ-王女の男-19話,20話-あらすじ-キャスト-動画-NHK-OST-最終回まで

王女の男.jpg


韓国ドラマ-王女の男-19話,20話-あらすじ-キャスト紹介-NHKでも放送-おすすめ無料動画あり-OSTも大人気☆-人気作品のネタバレ-全話感想あり-最終回まで公開中


このブログでは、BSやCSで放送されている
視聴率の高い、人気おすすめ韓国ドラマの
あらすじやネタバレを最終回まで全話綴って
いきます。

キャスト情報、感想も記載しておりますので
是非お楽しみ下さい。

また、you tubeなどの無料動画と合わせて
ご覧になると面白みが増します!

それでは、あらすじをご覧ください▼


<スポンサードリンク>







相関図

王女の男相関図.jpg


キャスト
 俳優名 / 役名
パク・シフ / キム・スンユ
代表作として「清潭洞(チョンダムドン)アリス」
      「検事プリンセス」
      「一枝梅(イルジメ)」

ムン・チェウォン / イ・セリョン
代表作として「華麗なる遺産」
      「グッド・ドクター」
      「大丈夫、パパの娘だから」

ソン・ジョンホ / シン・ミョン
代表作として「天命」
      「太陽がいっぱい」
      「クリスマスに雪は降るの?」

ホン・スヒョン / キョンヘ姫 
代表作として「天使の誘惑」
      「チャン・オクチョン」 
      「グッバイマヌル」

イ・ミヌ / チャン・ジョン
代表作として「カイスト」
      「19歳の純情」
      「メリー&テグ 恋のから騒ぎ」

キム・ヨンチョル / 首陽大君、世祖
代表作として「アイリスシリーズ」
      「太祖王建(テジョワンゴン)」
      「大王世宗(テワンセジョン)」

イ・スンジェ / キム・ジョンソ
代表作として「明日に向かってハイキック」
      「ホジュン〜宮廷医官への道〜」
      「商道」


ー運命より、を信じるー
 〜朝鮮王朝史上の大事件を背景に、
    宿敵となった男女の切ない愛
       描いた究極のラブロマンス!〜



前回までの「王女の男」あらすじはこちら▼
王女の男あらすじ1話,2話
王女の男あらすじ3話,4話
王女の男あらすじ5話,6話
王女の男あらすじ7話,8話
王女の男あらすじ9話,10話
王女の男あらすじ11話,12話
王女の男あらすじ13話,14話
王女の男あらすじ15話,16話
王女の男あらすじ17話,18話


王女の男-あらすじ-19話


スヤンを討つ計画が直前に発覚し、
イ・ゲやチョン・ジョンらは捕らえられてしまう。

スンユは何とか逃げおおせるが、
シン・ミョンに正体を知られてしまう。

それでもイ・ゲとチョン・ジョンを救わねばと
独り牢獄の襲撃を考えるスンユ。

見兼ねたソクチュが助っ人を買って出てくれ、
事情を知らないノゴルもついてくることになる。

セリョンもイ・ゲたちを助けたいと協力する。
牢獄のある漢城府にミョンを訪ね、彼女の護衛
としてスンユたちを連れて入るのだ。

一方、スンユが生きていると知ったスヤンは、
居場所を聞き出そうとイ・ゲたちを拷問する。

しかし誰一人として口を割らない上に、
スヤンを王と認めようともしない。

激怒したスヤンは「奴らを八つ裂きの刑に処せ」
との命令を下す。
計画どおり牢獄に押し入ったスンユたち。

ところがすでに死を覚悟したイ・ゲたちは
誰も牢獄から逃げようとしない。
スンユの必死の訴えもむなしく終わってしまう。

ー翌朝
さっそく刑が執行されるが直前に王命が下り、
チョン・ジョンだけは流刑に変更。

キョンヘがスヤンに命乞いしたのだ。
イ・ゲたちを排除したスヤンは、端宗までも
流刑に処そうと考える。

それを知ったセリョンは父の前で髪を切り、
親子の縁を絶ってしまう。



王女の男-あらすじ-20話


父・スヤンと親子の縁を切ったセリョン。

彼女は宮廷を出て寺に身を寄せる。
それを知ったスンユは寺にセリョンを訪ねると
一旦は宮廷に戻るよう諭すが、結局自分のいる
妓楼へ連れていく。

宮廷とは大違いの暮らしだが、
セリョンはスンユの側にいられるだけで
幸せだった。

その頃、セリョンの弟で王位継承者のスンが
血を吐いて倒れてしまう。

スヤンは、
「弟が病に臥している時に男と逃げているとは」
とますますセリョンへの怒りを募らせる。

流刑地に送られたジョンとキョンヘ。
ジョンはさっそく地元の役人に接触し、
スヤンを倒すために動き始める。

スンユも亡き父の元部下を訪ね協力を要請する。

そんな中、セリョンとスンユを血眼になって捜す
シン・ミョン。

彼はチルグというならず者から情報を得て、
スンユたちが身を潜める妓楼に踏み込む。

スンユはちょうど留守だったが、
セリョンは妓楼に残っていた。

彼女は一旦は逃げようとするが、
「妓楼の人々に迷惑は掛けられない」と思い直し
自らシン・ミョンの前に出てゆく。

だが宮廷に連れ戻されてもスンユの居場所は
決して言わない。

堪忍袋の緒が切れたスヤンは、
セリョンをシン・ミョンの使用人にしてしまう。



感想
なかなか上手くいかないですね。
せっかく仲間が集ってスヤンを討とうとすれど、
計画がバレちゃって捕まってスンユ以外は極刑
だもんね。

それでもここまで来たら止められないんだよね。
スヤンを討つまでは止めないねスンユとジョン。

セリョンはスンユと一緒なら良いって感じで
それなりに幸せそうだったけど、
結局連れ戻されミョンの使用人になっちゃった。

物語も終盤になってきたけど、
これからどうなるのか?
凄く気になりますね!

最終回まで更新していきますので、
次回もお楽しみに!



<スポンサードリンク>







you tubeにあった無料で見れる
「王女の男」の動画です!
関連する動画もたくさんあるので見てみて下さい!



韓国ドラマ ブログランキングへ


posted by カンドラー at 15:13 | 王女の男 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。