韓国ドラマ-帝王の娘スベクヒャン-1話〜3話-あらすじ-動画-キャスト-日本語-視聴率-最終回まで
2015年11月07日

韓国ドラマ-帝王の娘スベクヒャン-1話〜3話-あらすじ-動画-キャスト-日本語-視聴率-最終回まで

スベクヒャン.jpg


韓国ドラマ-帝王の娘スベクヒャン-1話〜3話-あらすじ-動画-キャスト-日本語-視聴率-ネタバレ-歌-三重テレビ-人気-最終回まで


このブログでは、BSやCSで放送されている視聴率の高い
人気おすすめ韓国ドラマのあらすじやネタバレを最終回まで
全話つづっていきます。

キャスト情報、感想も記載しておりますので是非お楽しみ下さい。
また、you tubeなどの無料動画と合わせてご覧になると面白みが増します。

それでは、あらすじをご覧ください。

<スポンサードリンク>







相関図

帝王の娘スベクヒャン相関図.jpg


キャスト
 役名 / 俳優名
ソルラン / ソ・ヒョンジン
(スベクヒャン) 代表作として「ゴハンへ行こうよ2」
             「神々の晩餐」
             「三銃士」

ソルヒ / ソウ
      代表作として「欲望の炎」
            「明日が来れば」
            「キムチ・チーズ・スマイル」

ミョンノン / チョ・ヒョンジェ
        代表作として「ラブレター」
              「ソドンヨ」
              「オンリー・ユー」

チンム / チョン・テス
      代表作として「まるごとマイ・ラブ」
            「トキメキ☆成均館スキャンダル」
            「大丈夫、パパの娘だから」

武寧王 / イ・ジェリョン
      代表作として「雪の花」
            「東洋劇場」
            「商道」

チェファ / ミョン・セビン
       代表作として「三姉妹」
             「折鶴」
             「純粋」

クチョン / ユン・テヨン
       代表作として「夜警日記」
             「真珠の首飾り」
             「深夜病院」


帝王の娘・スベクヒャンの座を巡り、異父姉妹の運命が交錯するー
〜三国時代を舞台に繰り広げられる切ないの結末は・・・。
 「善徳女王」「トンイ」に続く、絢爛豪華な大型ロマンス時代劇!〜



帝王の娘スベクヒャン-あらすじ-1話



時は6世紀初頭の百済(ペクチェ)。
24代王・東城(トンソン)王の治世末期の出来事ー。

加林(カリム)城の城主で貴族のペク・カは、辺境の地へと追放されそうになっていた。

一方ペク・カの娘・チェファは、
王のいとこにあたるユンと密かに情を通じ、彼の子を身ごもっていた。

そんな中、ユンはわずか5千の兵で
北魏(ほくぎ)の5万の兵と戦い勝利して帰還する。



帝王の娘スベクヒャン-あらすじ-2話



チェファは、戦から戻ったユンと再会し、
二人の将来について互いの夢を語り合う。

幸せな時間も束の間、
民から絶大な人気を誇るユンに嫉妬した東城王の命令によって、
ユンは再び戦地に向かうよう命じられる。

その後、狩りをするため加林城を訪れていた東城王が毒矢で襲われる。
彼は瀕死の重傷を負ってしまう。



帝王の娘スベクヒャン-あらすじ-3話



東城王が逝去したことを受け、ユンは王を暗殺した罪でペク・カを召喚する。

しかし、ペク・カはそれに応じずにユンからの使者に剣を抜く。

それを受けユンは自ら兵を率いて加林城を包囲し、
ペク・カの側近たちを密かに討っていく。

一方、チェファは密かにユンと面会して父の命乞いをするが、
未だ彼の子を身ごもったことは伝えられずにいたのだった。



感想
始まりました!「帝王の娘スベクヒャン」ですが、この物語は歴史物の中でも
根強い人気がある作品ですね!
カンドラーも歴史は個人的に好きなので、かなり期待しています。

さて、1話〜3話の感想ですが、
いかにも昔の国ならではの雰囲気が出ていますね(^^)

冒頭から秘密の恋、王の嫉妬など盛り込んできますね〜。
まだ本筋に入る前の話だと思いますが、主人公たちがいつ出てくるのか、
楽しみですね!

最終回まで更新していきますので、次回もお楽しみに!



<スポンサードリンク>







you tubeにあった無料で見れる「帝王の娘スベクヒャン」の動画です!
関連するものもたくさんあったので見てみて下さい!



韓国ドラマ ブログランキングへ


posted by カンドラー at 02:40 | 帝王の娘スベクヒャン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。